スローな暮らし、背伸びしないで、できることをできるだけ。 < by niko>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
篠木真 「世界中のこどもたちが」写真展
ころりん村幼児園でお世話になった、
篠木真さんの写真展に行きました。


自森の講座が終わったのが(というか、解散しないうちに
後ろ髪を引かれながら、帰ってきてしまいました)16時半、
いったん帰宅して、末っ子を連れて、
会場の日の出イオンモール2F、イオンホールへ。

メインのイベント、トークショーが16時に終わり、
サイン会も終わって、会場は熱気も去った、なごやかな雰囲気でした。
b0081987_2383510.jpg

(「作品の写真撮影はご遠慮下さい」と表示してあったので、
「会場全体の雰囲気を撮らせてください」と
篠木さんにお願いして撮らせていただきました。)


会場に展示してあった写真は、
篠木さんが長年関わってくださった、
ころりん村幼児園のこどもたちの他に、
キープ森の幼稚園のこどもたち、
町内の他の幼児園のこどもたちの写真もありました。


ころりん時代の友人と話していると、
照明が落とされ、暗くなって、
スライドショーが始まりました。
篠木さんが、奥さんのブービーと関わっておられる、
ミャンマーの難民キャンプのこどもたちの写真でした。


子どもって、どこの国のどんなこどもたちも、
まっすぐな目をして、じっとカメラをみつめるのですね。
笑っている子、泣いている子、真剣に見つめる子、
いろんな子どもたちがいたけれど、
みんな澄んだ目をしていて、
みているうちに、こころが穏やかになります。

難民キャンプの子どもたち、と知ったのは
スライドショーが終わってからで、
どこの国の子どもたちなんだろうと見ている最中に思ったことは、
世界中のこんな無垢な子どもたちが、
みな、幸せに暮らせる世界になりますように、ということでした。


この、ミャンマーの子どもや家族たちを支援しているグループがあり、
青梅の友人たちが参加しています。
「ピースフルビーンズ」のページは、こちらから。


会場には、こんな素敵な秋の野山が来ていました。
b0081987_2326414.jpg



子どもたちといえば、
わが子も、
会場の係をしてくださっていた、ころりん関係のお母さんがたの子どもたちも、
おとなしく待ってられる訳も無く、
こうやって、会場の外のスペースで遊んでいました。
b0081987_23291373.jpg

後ろのソファで寝そべっている子は
カメラを向けると「死んだフリ」をしてくれました。
一年以上会っていなくても、すぐに打ち解けて遊べる子どもたちが、
一緒に過ごした時間って、すごいんだな。
[PR]
by imakokode | 2010-11-07 23:29 | ころりん村幼児園
<< 日の出山へ 自由の森学園【市民講座】石窯で... >>


カテゴリ
リンク
フォロー中のブログ
以前の記事
最新のトラックバック
熊本買い物部隊のおみやげ
from 裏きょこ日記
海外旅行
from ひだまりミュゼ photo..
進路変更
from ンミヌパナ  咲いた♪♪
美味しいコーンブレッド
from 裏きょこ日記
iPhoneのアプリケー..
from ひだまりミュゼ photo..
Abobe Illust..
from ひだまりミュゼ photo..
悪戦苦闘中…
from ひだまりミュゼ photo..
【キラちゃん当番INころ..
from ☆MY SWEET BAYS..
花見
from 花見
おいもほり
from ひだまりミュゼ  sumai +
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧