スローな暮らし、背伸びしないで、できることをできるだけ。 < by niko>
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ:着物( 6 )
入学式 その1、その2
3人の子どものうち、
末っ子の小学校の入学式、
次男の中学校の入学式が、
昨日の、午前午後、たて続けにありました。


小中一貫教育と言っていい程の、
(敷地も道路を挟んだ斜め向い、
音楽会も合同で行う、など)
近しい関係なので、
来賓として挨拶される校長先生のお話も、
形式張ったものではなく、
聴いていて心に染み入ります。


今春、卒園・卒業、入学で、
6回着れるから(元が取れる!)とスーツを新調しましたが、
一日で2回分の今回は、
せっかくだからと、着物を着せていただきました。


b0081987_2082086.jpg


3年前、長男が中学校に入学するときに着たのと、
同じ着物です。
帯締め、帯揚げを変えましたが、
着物と帯は同じです。


自分では着物を誂えたことはなく、
着物は実家の母から、
帯は夫の母からのいただきものです。
着物を着ていると、背筋も気持ちもピンと伸びるし、
華やいだ心地がします。
周りの方にも、「着物っていいわね」と言っていただけて、
嬉しいです。
子どもたちも、私も新しい生活に慣れて、
来年くらいになったら、
また着付けを一から習いに行きたいものです。
[PR]
by imakokode | 2009-04-07 10:54 | 着物
変わり文庫むすび
6月から、着付け教室で、
ゆかたの着付けを教えていただいています。

2回目の今夜は、文庫むすびと、
その変形を2種類練習しました。

b0081987_2310206.jpg
裏側に折って、帯の裏がわを見せています。




b0081987_23165454.jpg
片側はおりこまずに垂らしています。
(結び目の形が崩れてしまいました。)










7月にはいるとこの辺りは
各自治会で毎週のように盆踊り大会がひらかれます。
今年こそは自分でゆかた着て帯び締められるよう、
7月もあと一回、練習に行きます。
[PR]
by imakokode | 2006-06-22 23:06 | 着物
入学式の着物
こどもの中学校の入学式に着せていただいた着物です。

着物と帯締め、帯揚げは私の母からゆずりうけ、帯は夫の母が骨董市で見つけてくれたものです。


卒業式のときに、式はこどもが主役、お母さんの着物の写真なんて撮ってもらうヒマがないのがよくわかったので、これは着せていただいた場所で撮ってもらいました。ちょっと背景が入学式ムードではありませんが。

b0081987_12442856.jpg

[PR]
by imakokode | 2006-04-07 22:00 | 着物
卒業式の着物のコーディネート
2回お休みしたので、
今夜は久しぶりの着付け教室でした。

出掛けに立て続けに電話がかかってきて、
遅刻したので、着物は着ないで、見学してました。
そして来月の、子供の卒業式に着る着物の
コーディネイトを先生に見ていただきました。

先日母が送ってくれた、
白地に青の花柄の訪問着、金の丸帯、
薄いピンクと金の入った帯締め、薄い赤紫の帯揚げ、です。

先生も「上品で素敵ですね」と言ってくださったので、
自信を持って卒業式に出られます。
着付けはお教室の先輩にお願いしたので、安心。
だって、まだ二重太鼓は結んだ事ないんですもん。
b0081987_15181117.jpg
まだまだ、名古屋帯も満足に結べないのですから。

とにかく、着るものが決まって、一安心。

が、しかし、
[PR]
by imakokode | 2006-02-23 22:00 | 着物
着物
実家の母から荷物が届きました。
3月に子供の卒業式で着物を着る、と伝えてあるので、
礼装用の金地の丸帯や帯締め、絵羽織を送ってきてくれました。

白地に青い花の柄の入った着物も一枚、入っていました。
すぐにお礼の電話をすると、
これで着物は全部送ったから
箪笥がすっきりしたわ、と笑っていました。

私が子供のころ、卒業式や入学式に、
またお茶やお花を習うために着物をあつらえていた母。
着物は高いと母がこぼしていたのか、
あつらえるたびに父が小言を言っていたのか、
母が着物を着ている姿を見るのは好きだったけれど、
自分では手が出せないと、ずっと思っていました。

着物好きの母親を持つ夫と結婚して、
着物が身近になって、やっと去年から着付けを習い始めて。
でも、なかなかお教室には通えないけれど、
それでも少しづつ着物を着ることが出来るようになればいいなと、
今は焦らずそのときを楽しみにしています。
[PR]
by imakokode | 2006-02-19 22:00 | 着物
今年はじめての着付け教室
今日が今年はじめての着付け教室の日でした。今年もよろしくお願いいたします、と挨拶をしたのち、先生が扇のお話をしてくださいました。結婚式などのおめでたい席では、留袖の帯に金と銀の扇を差しますが、何故だかご存知ですかと先生が問い掛けられて教えてくださったことには、扇には「魔よけ」の意味があるそうです。特に金色にはその力が強いので、お祝いの席に「魔が差さないように」金色の扇を持つのだそうです。そのかたちから、「末広がり」の意味もあり、また、結界の役目もします、とのお話を聞かせていただいて、とても勉強になりました。着付けの実技だけでなく、日本の文化について知ること、礼儀作法を教えていただくことができて、とても充実した2時間でした。

とはいえ、実技のほうはなかなか大変です。3月にある子供の学校の卒業式に、自分で着物を着て出席するという当初の目標はどうも怪しくなってきました。着装も帯結びも思ったよりずっとずっと難しいです。
[PR]
by imakokode | 2006-01-19 23:45 | 着物


カテゴリ
リンク
フォロー中のブログ
以前の記事
最新のトラックバック
熊本買い物部隊のおみやげ
from 裏きょこ日記
海外旅行
from ひだまりミュゼ photo..
進路変更
from ンミヌパナ  咲いた♪♪
美味しいコーンブレッド
from 裏きょこ日記
iPhoneのアプリケー..
from ひだまりミュゼ photo..
Abobe Illust..
from ひだまりミュゼ photo..
悪戦苦闘中…
from ひだまりミュゼ photo..
【キラちゃん当番INころ..
from ☆MY SWEET BAYS..
花見
from 花見
おいもほり
from ひだまりミュゼ  sumai +
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧