スローな暮らし、背伸びしないで、できることをできるだけ。 < by niko>
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
<   2008年 08月 ( 12 )   > この月の画像一覧
夏期保育
今週火曜日から、
今日、土曜日までが、
ころりん村幼児園の夏期保育でした。

夏期保育期間中は、卒園児も来て、
園児といっしょに遊んでいいことになっていて、
園庭も、室内も、
お休みしている園児のかわりに、
たくさんの小学生で活気に満ちています。

昨日お迎えに行ったとき、
先生が帰る卒園児に「明日も来てね、待ってるね」と
声をかけてくださっているのをきいて、
じ〜んとしました。

卒園し、小学校に通って何年かになる子どもたちにも、
こうして声をかけてくださっているのです。
小学校が楽しい子も、ちょっとつらい子も、
こうして声をかけていただくことで、
「また来ていいんだな」「自分には帰る場所があるんだな」と
安心できます。


今日はあいにくのお天気で、
夏期保育最終日だというのに、
小学生の数が少なくて、
ちょっと寂しかったです。
とはいえ、きじ組のお部屋のなかでは、
園児と同じように、全力で戦いごっこをする
男の子たちがいました。
小学生の体力で、全力で戦うのですから、
小学生のおかあさん方が心配して、
今日はお休みになさったのかもしれません。
来年は、ウチの子も、卒園児として夏期保育に参加です。
[PR]
by imakokode | 2008-08-23 23:17 | ころりん村幼児園
ソフトクリーム
数年前、西多摩郡日の出町の「つるつる温泉」の近くの
「肝要の里」で食べたソフトクリーム、
とってもおいしかった。
私の人生で食べておいしかったソフトクリームBest3に、
間違いなく入る、というほどのおいしさに惚れ込んで、
子どもと、「また食べに来ようね」と言っていました。


その「肝要の里」の経営が民営化され、
ソフトクリームがなくなってしまった、
と聞いたのが、今年の春。
とても残念に思い、
なぜもっと早く食べに行かなかったんだろうと、
後悔していました。



ところが、日の出町ふれあい農産物直売所で、
そのソフトクリームの原料の牛乳の生産者さんが、
(つまり酪農家さんですね)
自らソフトクリームの販売を始められた、と
8月8日付けの西多摩新聞で読み、
これは、もう行くしかないでしょ!
今日は仕事が早めに片付いたので、
念願のソフトクリームを買いに、
JAの直売所に寄りました。


b0081987_14393879.jpg



味は、しぼりたての牛乳そのまんま、というかんじの濃厚さ。
牛乳+生クリームそのまま、なの。
確か、「肝要の里」では、ジャージー牛のミルクを使用しています、
って書いてあったと記憶しているんだけど、
間違ってたら、ごめんなさい。
もう、とにかく濃厚ミルク味です。
お砂糖がほんっとに控えめで、
(もしかしたら物足りない人もいるかもしれないくらい)
あっさりしてるんだけど、濃い味なの。
もう、これは食べた人しかわかんないと思います。
大人だったら、ぜったい大満足の味のはず。
アイスクリーム好きの方は、是非お試しあれ〜。

お店の方、福嶋さんの奥さんにおききしたら、
「冬でもやります」とのことだったので、
内緒の仕事帰りのお楽しみにしちゃおっかな〜。
…といいつつ、いつも幼稚園のお迎えの時間ギリギリになって、
寄り道する時間がなかなかないんだけど。

営業時間  平日 10:00〜16:00
      土日 9:00〜17:00



JAあきがわ 日の出町ふれあい農産物直売所
東京都西多摩郡日の出町大字大久野17−2
042-597-0010
リンク: http://maps.google.co.jp/maps?f=q&hl=ja&geocode=&q=%E6%97%A5%E3%81%AE%E5%87%BA%E7%94%BA%E3%80%80JA%E3%80%80%E8%A5%BF%E5%A4%9A%E6%91%A9%E9%83%A1&ie=UTF8&ll=35.746791,139.253254&spn=0.068128,0.111237&t=h&z=13&iwloc=A
[PR]
by imakokode | 2008-08-21 14:42 | おいしかった
釜の淵で遊びました
青梅から、子どもをシュタイナーの学校に通わせるために、
三鷹、相模原市藤野へと、孟母“二”遷した友人が、
久しぶりに釜の淵公園に遊びにくるというので、
集まりました。


みなが揃うのは数年ぶりですが、
共通の友人の集まりなどで、
個別にはちょこちょこ会っている、
とはいっても、たまに会ったそのときに、
簡単に近況を知らせ合うだけなんだけど、
なにか、しっくりと落ち着く集まり。



きっと、入園前の、一番子育てにエネルギーを注いでいた時期に、
共に過ごした仲間だから、かな。
いろんなことを語り合い、濃い時間を共有したから、かな。
その後は、子どもたちの進路もバラバラで、
共通なのは、それぞれの子どものうち、
一人はころりんを卒園した、ってことだけなんだけど。



b0081987_20342770.jpg




せっかく集まったからと、最後に記念撮影。
ヤダーなんて言わないで、みんな素直に並んでくれるところがかわいい。


b0081987_20442169.jpg



入園前にシュタイナーのサークル「はらぺこノーム」で知り合った人がほとんどで、
どっちかっていうと、あまりメカに使われないように、
ケータイを持ちたがらないタイプの人たちだったのに、
さすがにこのご時世、
子どもに教わりながら、ケータイとつきあうようになったらしく、
みんなで写メってるのが、私にはツボでした。

More
[PR]
by imakokode | 2008-08-20 20:46 | こども
夏野菜
夏はいろいろと野菜をいただく機会が増えます。


b0081987_20565251.jpg

いつもお米を送ってくださる能登の松本さんから、
お米のおまけ。



b0081987_20581677.jpg

いつも卵を買いに行く、飯能の中島さんから、
採れたてだから、少し置いてからたべてくださいね、と
坊ちゃんカボチャ。


b0081987_20584497.jpg

これは正確にはいただいた訳ではなく、
卵との物々交換。
安藤さんのトマト。


夏って野菜がおいしいから、
新鮮な野菜がとってもうれしい。
生で、
あまり火を通さないで、
簡単な調理で食べられるおいしい野菜を
ありがとうございます。
[PR]
by imakokode | 2008-08-18 21:03 | あれこれ
Pesto jenoveze
友人の畑で、バジルの株を3本引き抜いたのをもらって来たので、
何年ぶりかで“pesto jenoveze”(バジルソース)を作りました。


たくさんあるバジルの葉を摘むのがまず大仕事。
b0081987_1958250.jpg


量ると200グラムくらいありました。
ちぎっていると、香り高くて、
むせかえりそうです。


レシピは「オリーブオイルさえあれば」(北村光世著 文化出版局)から。
イタリアでは大理石のすり鉢で作る、とあったので、
みそ作りに使う大きいすり鉢でやってみました。

b0081987_19565926.jpg

オリーブオイルに、松の実とみじん切りにしたニンニクと塩を入れます。


b0081987_19574185.jpg

すりつぶしたところ。
ここまではよかったけど



b0081987_2084997.jpg

バジルを入れてから、繊維がなくなるまでするのは時間がかかり…



時間が経つにつれ色も悪くなって来たので、
すり鉢には早々に見切りをつけ、
ミキサーにチェンジ。




b0081987_2014254.jpg

オリーブオイル+松の実+ニンニク

b0081987_20142548.jpg

+バジル


さっすが、あっというまに出来ます。
繊維も残らずなめらかだし、
色もきれいな緑色のまま。


でも、容器の底にべったり残ったペストが
ゴムベラでも取り切れない〜。
容器は油でベタベタベタベタだし〜。
これが嫌ですり鉢に挑戦したんですが、
どちらも一長一短だな。


b0081987_20145791.jpg



びん詰めにすると、ほんのちょっとになってしまう。。。


一本はウチの分、
一本はバジルをくれた友人へ、
一本はお盆に帰省した、夫の実家へのお土産、
あと一本はどうしようかな〜。
[PR]
by imakokode | 2008-08-18 20:24 | スローライフ
友人の畑
しばし「小梅撮影会」に費やした後、
友人の「畑の草取りするんだけど、ちょっと手伝ってくれる?」
の言葉に、草取りなら任せてよ、とばかりに
徒歩30秒の畑へ。

友人は「ずっと草取りしなきゃと気になってて」と言うが、
月2回の公園の草取り、庭の草取りに
日々どれだけ時間を費やしていることか…という私から見ると、
ずっと畑として使われていた土地なので、
土は柔らかく、草がすぐに抜けるし、
雑草の数も背丈もたいしたことない。
畑の作物のためと思えば、ヤル気もでます。
(いつもは、ただの雑草との戦い、なので)


b0081987_2251286.jpg

子どももミニトマトを収穫させてもらいましたが、
あっという間に帰ってしまいました。


b0081987_2273824.jpg

何故か実を付けているイチゴ。
四季なりの品種があるのでしょうか?




b0081987_21594112.jpg

30分くらい草取りしたら、
友人宅に戻って、紫蘇ジュースをごちそうになりました。



b0081987_2204187.jpg

おまけに、野菜もお土産にいただいて、
もひとつおまけに、晩ご飯までごちそうになってしまいました。
揚げ茄子の薬味だし醤油かけも、
ゴーヤチャンプルーもおいしかった。
こんなご馳走にありつけるなら、
草取りくらいおやすい御用。
また声かけてください。
[PR]
by imakokode | 2008-08-13 22:08 | スローライフ
小梅に会いに
b0081987_13244013.jpg


ずっと会いたかった友人宅の子猫、
「小梅」
に会いに行きました。

友人宅では、家族3人、みんな小梅にメロメロ。
(どころか、ご近所の方も小梅を抱き上げて、
赤ちゃん言葉で猫かわいがりしていらっしゃるのを目撃!)


かたときもじっとしていなくて、
写真を撮っても半分以上ブレていました。
動くものには興味津々、なんにでも飛びかかって行く、
自分の体を舐めて毛繕いする、そのリズムと言うか、ペースが早い、
さっき、そこにいたとおもったのに、家中探しても見当たらない、
などなど。

ウチの猫、3匹は10歳以上、
1匹は6歳だが、人(猫)いちばいおっとりさんなので、
見慣れないめまぐるしい動きに驚くばかり。
あのトロ〜い、にゃんくんも、
子どものときはこんな動きをしてたんだっけ…?

細く長い手足に、大きな丸い瞳の器量よしさんです。
将来どんな猫になるのかな〜、
楽しみです。
[PR]
by imakokode | 2008-08-13 13:33 | あれこれ
きらちゃん当番
夏休み2度目のきらちゃん(ヤギ)当番が回ってきました。
一度目は長男の高校見学の日と重なってしまったので、
夫が出動、ちゃんと朝早くに行ってくれたようですが、
今日はもたもたしてしまい、
ころりんに着いたのが、11時過ぎ。
きらちゃん空腹の限界に達していきりたってるかと思いきや、
草刈りをしていらしゃった竹内先生が、
刈った草をあげてくださっていたので、
うれしそうに、もしゃもしゃ食べていました。


それは良かったのですが、
もうひとしきり食べ終えて満足したきらちゃんは、
私が首輪につなぐロープを手にしたのを見て取ると、
さっと退き、手が届かないところに引っ込んでしまいました。
干し草をえさ入れに足してあげても、ダメ。
やっぱり乾燥した牧草よりも、生の雑草の方がおいしんですね、
当然か。

しばらく待ってみましたが、どっかり座り込んで、
動く様子がありません。
角は切ってあるとはいえ、
つながれていないヤギの小屋に入るほどの猛者ではない私は、
仕方なく、金網の下から熊手が届く範囲の糞だけかき寄せて取り、
水を換え、干し草と穀物の飼料をあげて終わりにしました。

これで夏休みのきらちゃん当番はおしまいです。
[PR]
by imakokode | 2008-08-12 13:27 | ころりん村幼児園
三線少年の沖縄みやげ
b0081987_044563.jpg

友人の息子の、というか息子の友人の三線少年が、
沖縄で琉笛のコンクールに出場して、みごと合格!

我が家にも、お土産を買って来てくれました。
ありがとう、三線少年Rくん。

ウチの息子と来たら、昨年部活で連れて行ってもらった金沢でも、
な〜〜〜んにもお土産買ってこなかったと言うのに…。
中学生の少ないお小遣い(+お餞別?)から、
こんなにたくさん買って来てくれるなんて、
ほんとにいい子だな〜。
(いや、本人は決して“いい子”って感じではないのだが、
そういうことろは、情が細かいというか、
ウチの超自己チュー中学生と違ってやさしいなぁって思う。)

その超自己チュー中学生は、パッションフルーツが大好きなので、
一人で2つ食べて、
マンゴー1個をあとの4人で分けました。
お茶は明日、いただきます。


でも、少し前にグルメ番組で見た、
沖縄のマンゴーがとってもおいしそうで、
興味津々だった、次男末っ子は、文句も言わず、
なんとなく丸く収まった、というか、
自己チューに逆らうと、ただでは済まない、
パッションフルーツくらいいいかーという
諦めの境地でしょうか。

自己チュー中学生に
[PR]
by imakokode | 2008-08-11 00:10 | おいしかった
ステタン と ステンレスボトル
b0081987_15452913.jpg


スタジオ紡さんから、ステタンのコメントをいただいたので、
マイステタンとマイステンボトルの大きさを比較してみました。

意外や意外、(というか私が気づいてなかっただけ)、
タンブラーとボトルは、ほとんど容量には差がなかったのでした。


タンブラー(トールサイズ)  355ml
ボトル            350ml

で、たったの5mlしか違いません。

5mlって、小さじ一杯分でしょ、
きっと一口分もないよね。



口の部分は末広がりに(逆?)太くなっているとはいえ、
こうして比べると、思ってたより大きさ違わないんだなと。



(ちなみに、隣のデュラレックスのグラスに入ってるアイスコーヒーは、
氷を含めて280gです。)



容量を確認していなかったとはいえ、
なぜ、そう思い込んでいたか、というと。。。。




タンブラーは片手でつかんで飲むので、
ちょっと重く、太く感じます。
口の部分の面積もけっこう大きいので、
たくさん入ってると思い込んでたんですね。



実は、昨日出かけるのに、
中学生の息子にはステンボトルに、
自分にはタンブラーに
それぞれアイスティーをピタピタに入れて持って出かけたら、
私のは夕方まで残っていたのに、
息子の方はお昼前にすでに飲みきってしまい、
「お母さん、僕の方にはちょっとしか入れてくれなかったでしょう」
といわれのない言いがかりをつけられ、
容量が違うんだな〜と思ってしまったのです。

が、単に息子が後先考えず、がぶ飲みしてた、
ってことですね。
今後、中学生にはもっと大きいボトルを持たせることにします。
[PR]
by imakokode | 2008-08-06 15:58 | 持続可能な社会


カテゴリ
リンク
フォロー中のブログ
以前の記事
最新のトラックバック
熊本買い物部隊のおみやげ
from 裏きょこ日記
海外旅行
from ひだまりミュゼ photo..
進路変更
from ンミヌパナ  咲いた♪♪
美味しいコーンブレッド
from 裏きょこ日記
iPhoneのアプリケー..
from ひだまりミュゼ photo..
Abobe Illust..
from ひだまりミュゼ photo..
悪戦苦闘中…
from ひだまりミュゼ photo..
【キラちゃん当番INころ..
from ☆MY SWEET BAYS..
花見
from 花見
おいもほり
from ひだまりミュゼ  sumai +
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧