スローな暮らし、背伸びしないで、できることをできるだけ。 < by niko>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
タグ:猫 ( 12 ) タグの人気記事
小さな花束
b0081987_18373850.jpg

3月のはじめ、親族にお悔やみごとがあって、
帰りにたくさんのお花をいただきました。
それを死んでしまった猫たちの写真の前にお供えして、
いたんだ花から片付けていったら、
最後に白い菊がたくさん残りました。
菊って、もともと自分で買うような花ではないけれど、
買ってみる気になったとしても、自分では買えないんじゃないか、
というくらい、立派なしっかりとした菊の花でした。

その菊もそろそろ終りに近づいたので、
新しくお花を買ってきました。
青梅にいたころは、猫にお供えするお花は庭で摘んでくることができたのです。
なんと贅沢なくらしだったのだろうと思うのですが、
そんなことを悔やんでいても仕方ない。

まだにゃんくんの49日が過ぎないので、
メインはにゃんくん用に、
にゃんくんにはどんな花が似合うかな、と考えて、
マーガレットとかすみ草の花束にしました。
[PR]
by imakokode | 2012-04-16 18:37 | あれこれ
ありがとう
2001年から一緒にくらしていた愛猫、
にゃんくんが天国に旅立ってしまいました。

夫が朝出かけるときには普段どおり元気で、
夕方帰ってきたら、もう冷たくなっていたそうです。

その知らせを受けたのが3日前。
メールを子どもたちに転送して、
その夜はみんな(3軒の家で別々にだけど)泣きました。
誰もが愛さずにはいられない、ほんとうに天使のような猫でした。

愛してくれて、愛されてくれて、
たくさんの愛をありがとう。
これからも空の上から見守って、私たちを支えていてください。
[PR]
by imakokode | 2012-03-25 23:06 |
twitter 時々つぶやいてます
http://twitter.com/imakokode

始めて約1ヶ月で、230ツイート、
ぽちぽちですが、やってます。
たまに猫写真あり。
[PR]
by imakokode | 2010-01-11 15:35 | あれこれ
7.8kg
b0081987_211421.jpg

ワクチン接種のために、にゃんくんを獣医さんに連れて行きました。
ケージから出して、診察台の上に乗せると、
自動的に体重が表示されます。

7.8kgでした。

4月に行った時には、6kgでしたが、
このところ、寒さにそなえてむくむくころころ太って来ています。
毎年、冬になると体重が増え、暖かくなると減ります。

野生のかけらもうかがえないにゃんくんですが、
そゆとこだけは、本能にしたがっているのですね。
[PR]
by imakokode | 2009-11-21 21:14 |
夜、猫たちは外で何をしているのだろう
夜、10時ごろ、
猫を探しに外へ出た。
猫が死んでしまってから、
外に出さないように、と思っているのだが、
これまで好き勝手に外と内とを出入りしていた猫たちなので、
ちょっとの隙を見て、外に出てしまう。


ウチの前は、狭い道路を挟んで、児童公園。
そこで2匹が涼んでいた。
この辺り、猫を飼っている家は多く、
通り際に猫をよく見かける。
なのに、「猫の集会」をとんと見たことがない。
猫の世界も核家族化が進み、ご近所とのおつきあいも薄れたのだろうか。
今夜公園にいた2匹は、ウチの猫だった。
私がベンチに座ると、
2匹が寄って来て、少し離れて座った。
気持ちのよい風に吹かれて、しばらく夜の音を聞いていた。

と、いきなり1匹の猫が走り出し、
何かを追っているようなそぶりを見せた。
小走りに走って、とびかかる。
それを見て、もう1匹も走って行った。
20mも離れると、猫の姿はシルエットになって、
何をしているのか、さだかではない。
そのうち、公園のフェンスの下の隙間から出て行ってしまった。


ぼんやりと、待つともなく待つこと5分か10分が過ぎ、
猫たちは行った時と同じく、別々に公園に戻って来た。
離れて座り、なにかを見ているのか、なにを考えているのか、
じっとしている。
耳を澄ませて、私には見えないないかを見、
私には聴こえないなにかをきいている。
昼間の、のんびりと、たとえ外に出ていても、
なにも考えずに寝ているような猫とは、違う貌だ。
夜になると、昼間眠っていた野生が目を覚ます。
いきいきと、草のにおいをかいでいる猫を見ながら、
「猫を外に出さないなんて、無理だ」と思った。
昼間の猫なら、外に出さないこともできるけれど、
夜の猫を家に閉じ込めておくことはできない。
夜の、外の猫が、
猫のほんとうの時間を生きている猫だ。
そう思い知らされた夜だった。
[PR]
by imakokode | 2009-08-12 23:28 |
猫受難
たった一ヶ月で、4匹いた飼い猫が2匹になってしまいました。
今朝死んでしまった猫は、クレゾール中毒でした。


昨日の午後、末っ子を習い事に連れて行こうと、
車で出かけたところ、ウチの2軒先の家の前の道ばたで、
黒い猫が倒れています。
目を開けて、腹が動いて、生きているのはわかりましたが、
四肢を投げ出して、死んだ猫の姿勢です。
見つけたのが、車2台が通れるか通れないかの狭い道路脇だったので、
とっさに「車にぶつかったんだ」と思い、
たまたま車にあった段ボールに猫を入れて、
かかりつけの獣医さんへ。
診療時間外で、おやすみになっていた先生を叩き起こして、
みていただきました。


一晩預けて、いろいろ手を尽くしていただきましたが、
今朝、骸を引き取ってきました。


みつけたときに、消毒薬のきつい臭いがして、
病院で「クレゾールだ」と言われたので、
家に帰って「クレゾール 毒性」「クレゾール 中毒」で調べてみました。

  クレゾールって、昔の小学校の保健室においてあった消毒薬
  (正確にはクレゾ−ルの石けん溶液)です。
  確かにむかし懐かしいにおいがしました。


そんな、子どもが使うようなものだから、
たいした毒性があるとは思わずに調べてびっくり。
猫には(人間にとっても)猛毒で、
猫は舐めなくても、からだに付着しただけで、
中毒になってしまい、死にいたることも珍しくありません。

ネットで検索して初めて知りましたが、
クレゾールは劇薬です。
猫はおろか、人間にも健康被害を及ぼします。
水に流してはいけない薬品に指定されてもいます。


http://www.dr-nyan.com/health/doku/main/30_Cresol.htm
http://www.p-well.com/health/clinic/cat/cat-chudoku.html
http://health.goo.ne.jp/medical/search/10R11500.html


猫に迷惑している人、
猫がきらいな人は、
「猫を撃退するにはクレゾール」と、
強力な毒性については知らないまま、
クレゾールを地面等に撒いたり、
直接猫にかける人もいるようです。
きっと、猫が死ねば良い、とまで思っている人は少なく、
猫が近寄らなくなるように、という気持ちなのでしょう。
でも、人間よりずっとずっと小さく、
クレゾールの毒性に敏感な猫には、
取り返しのつかないことがおこってしまう薬品なのです。


そんな情報をネットで目にして、
猫を飼っている人には、猫がクレゾール被害に遭わないように、
猫に迷惑して、対策にクレゾールを考えている人には、
クレゾールを軽々しく使っていただかないように、
この情報が目に留まれば、と思って書きました。
[PR]
by imakokode | 2009-08-08 13:19 |
子猫の里親、募集中!
求む!猫の里親

ayako さんちの小梅ちゃんに
4匹の赤ちゃんが生まれました。
「臨月の小梅」へGo!


ayako さんのブログの写真を見ていると、
母親に対して子猫が大きくて、
「もうこんなに大きくなったの?」と一瞬思ったですが、
そんなはずはない、まだ生まれて1週間くらいのはず。
子猫が大きくなったんじゃなくて、
母親の小梅が小さいんだ、と気付き、
昨日確かめに行ってきました。
…というのはウソで、
かわいい子猫を見てみたくて、行ってきました。


産室兼育児室になっている籠をのぞくと、
 。
 。
 。
暗くて何も見えない(笑)

「見えない」というと、ayako さんが、
子猫をそっと掬いあげて見せてくれました。


b0081987_22323648.jpg


すると、小梅が心配そうに見ています。
「だいじょうぶだよ」と声をかけながら、
一匹ずつ見せてもらいました。



目が覚めた後は、
みんなで並んで、おっぱいを飲みます。
b0081987_22362349.jpg



まだ目が開いていないので、
匂いをかいで、手探りでおっぱいを探したり、
もぞもぞと育児室の中を動く姿がかわいい。
こんなちいさな生き物が、
よく生きてるなぁと不思議な気持ちになります。


飲んでおなかいっぱいになったら、また寝て、
寝て起きて飲み、
寝て起きて飲み、
くりかえしておおきくな〜れ♪



求む!猫の里親


小梅の育児日記は、

こちらから

小梅
[PR]
by imakokode | 2009-06-29 22:07 |
にゃんくん
我が家には猫が4匹います。
結婚したときに、夫が連れて来た、黒猫、白猫、三毛は女の子。
私が連れて来た、トラ猫が男の子。
みんな手術したので、これ以上猫が自然に増える心配はないのですが、
これ以上増えると、我々人間の生活が立ち行かなくなるので、
(月々のご飯代、トイレの砂代のほか、
保険の効かない医療費!)
子どもたちにも、「これ以上、猫は増やせないからね」と
きつく言ってあります。


それなのに、引っ越して来た当初は、なぜか、
毎年のように捨てられた子猫が迷い込んで来て、
これ以上猫が増やせない、でも子猫かわいそう…
のジレンマに苦しめられました。



4匹の中でも、トラ猫のにゃんくんは、
「お前、頭、大丈夫?」と言いたいくらい、
ちょっと足りない系で、おっとりしていて、
みているだけで、癒されるのですが、

b0081987_22594663.jpg


        ↑
    水たまりの中を平気で歩くし!


b0081987_2301049.jpg


        ↑
    でかっ!なんだ、この物体は?


出て行った(?)長男は、ことのほか可愛がっており、
この家にも家族にも、何の未練もないのですが
「にゃんくんがいなければ生きて行けない」といって、
「写真を送ってくれ」とメールしてくる始末。




もちろん、連れて行くことも考えたのですが、
自由に出入りする半外猫を、都内のマンションに連れて行けるはずもなく、
泣く泣く、一人で出て行きました。
[PR]
by imakokode | 2009-06-25 23:11 |
これ、な〜んだ?
b0081987_2312182.jpg


「トトロ」じゃないよ。

正解は
[PR]
by imakokode | 2007-11-12 23:01 |
「限定販売」に弱い
b0081987_19345726.jpg

ウチには猫が4匹います。
キャットフード、カリカリばっかじゃよくないなーとは思うけど、
経済性、簡便性にはかないません。

いつもカインズホームで「キャ○ット」というフードを買っています。
3kg入ってる割にお値段もお手頃、
なにより、猫がよく食べる。
これより高いフードを買っても
ちっとも食べない時もあるのに、
「キャ○ット」だと味(4種類ある)によって
多少の違いはありますが、どれもよく食べます。

てなわけで、連休中にまとめ買いに行ったら
「数量限定・特別企画 四季の贈り物 石狩産さけ味&いくら味」
というのがあって、つい買ってしまいました。
イラストからして、秋の企画モノらしい。
限定品だけあって、ちょっとお高い。
通常品は3kg入りなのに、2.5kg入り。
これからあげてみるけど、おいしいのかな?
食べてくれるかな?
[PR]
by imakokode | 2007-01-08 19:36 | あれこれ


カテゴリ
リンク
フォロー中のブログ
以前の記事
最新のトラックバック
熊本買い物部隊のおみやげ
from 裏きょこ日記
海外旅行
from ひだまりミュゼ photo..
進路変更
from ンミヌパナ  咲いた♪♪
美味しいコーンブレッド
from 裏きょこ日記
iPhoneのアプリケー..
from ひだまりミュゼ photo..
Abobe Illust..
from ひだまりミュゼ photo..
悪戦苦闘中…
from ひだまりミュゼ photo..
【キラちゃん当番INころ..
from ☆MY SWEET BAYS..
花見
from 花見
おいもほり
from ひだまりミュゼ  sumai +
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧