スローな暮らし、背伸びしないで、できることをできるだけ。 < by niko>
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
カテゴリ:よみきかせ( 7 )
読み聞かせ 「ふきのとう」
b0081987_16223926.jpg


今年度最後の昼休みのよみきかせに行ってきました。
4〜6年生に読む本は、時間が7,8分と短いこともあって、
選ぶのにいつも苦労するのですが、
春らしく「ふきのとう」にしました。

この本は長男が幼稚園の年長組だったときに、
幼稚園で買っていた「かがくのとも」の内の一冊です。


「ふきのとう」って、子どもたち知ってるかな?と思って
実物を庭で取って持っていったのですが杞憂でした。
導入で「ふきのとうって、知っていますか?」と尋ねたら、
「知ってるー。」「〇〇に生えてるよー」という答えが返ってきました。
私は大人になるまでふきのとうという名前は知っていても、
実物をみたことがありませんでした。
家の周りが田んぼで囲まれているような、
決して都会育ちとは言えない私でも知らなかったのに、
ウチの校区の子は、ただ田舎なだけでなく、
3世帯同居も多くて、
大人の目の行き届いた家庭の子どもたちが多いようです。
by imakokode | 2011-03-08 16:22 | よみきかせ
昼休み、よみきかせに行ってきました
b0081987_2252181.jpg
b0081987_225227.jpg


月に2回、低学年高学年の2グループに分け、
お昼休みによみきかせグループがよみきかせに行っています。

図書室に行くと、10月の飾り付けがしてありました。
図書室整備をしくてくださっている、ボランティアの方、
図書室を明るく、楽しい雰囲気にしてくださって、
ありがとうございます。
by imakokode | 2010-10-12 23:14 | よみきかせ
よみきかせ
b0081987_14195274.jpg


お昼休み、図書室での1〜3年生のよみきかせに行ってきました。

少人数なので、1〜3年生まとめて来てもらうのですが、
晴天のお昼休み、外で遊びたい子もいたでしょうが、
2年生は5時間目が図書の時間だったらしく、
全員来てくれていました。

お掃除が終わって、昼休み、
いいお天気だし、落ち着かない子も若干いましたが、
まぁ、当然のこと。
賞味10分あるかないかなので、
静まるのをまたずに読みはじめました。
それでも、聴きたい子は聴いてくれる。

ときどき子どもたちの顔をみまわすと、
普段教室では落ち着きのない子が、
意外にも真剣に聴き入っている様子なんかも
「ええ?この子が」と見られて、
とっても楽しい。
落ち着きがない子って、つい「親の躾が」とか、
「家で親はどう対応してるんだろう?」とか思いがちですが、
そういう子は、ただエネルギーがありあまってるだけで、
ちゃんと集中することもできるんだな、
家ではきっと本を読んでもらってるから、
おとなしく聴いてられるんだな、などとわかって、
なんだか得した気分。

自分の子どもの学年(1学年1クラスなので)のよみきかせに行くと、
学校での最近の出来事に絡ませた本選びができるし、
それぞれの子どもたちのことも知ってて、反応を楽しめるのが、醍醐味。
末っ子が小学校を卒業してしまったら、つまんないなぁ。

今日、この本を選んだのは
by imakokode | 2010-09-21 14:19 | よみきかせ
よみきかせ
b0081987_22393146.jpg

約1年ぶりに、小学校で読み聞かせをしました。

2校時と3校時の間の中休み、20分間のうち、
図書室への移動時間を除いた10数分間、
2冊の本を読みました。


エリック•カールの「月ようびはなにたべる?」と、
クリス•コノヴァーの「つばさをもらったライオン」。


1、2年生40人余りが聴いてくれることになっていたので、
1冊目はつかみで、大型本、
ちょっと集中したところで物語という構成にしました。

大型本、しかもエリック•カールなので、反応は上々。

「つばさをもらったライオン」はちょっとお説教くさいと言えなくもないけど、
本は友達っていうメッセージが、低学年の読み聞かせにぴったりかな〜と、
自画自賛。

久しぶりだったので、ちょっと緊張して、
読んでいるときに、口のなかがからからに乾いたけど、
読みながら見渡して、子ども達の真剣な表情をみるのが、
なにより嬉しいですね。

むか〜し、大学時代、
教育実習に行って、自分で一度だけ授業をしたことがあります。
そのとき、「ここが今日のキモ」ってとこでうまくはまって、
生徒40人くらいの真剣な視線が一点に集中したとき、
ゾクゾクするほど快感だった、
それとも違うけど、ちょっと似た感じ。
読み聞かせで子ども達の視線が集中するのは、
私にじゃなくて、本の方だから。

More
by imakokode | 2010-02-09 12:28 | よみきかせ
絵本を
読み聞かせボランティアで小学校に行くようになってから、
低学年児童むけの本を図書館に借りに行ったり、
手持ちの本からピックアップしたりしています。

本を選ぶのに、
おにいちゃんたちがもう読まなくなった絵本や、
ダーリンが結婚前に集めていた自然科学系の絵本を
全部まとめちゃいたいなーとずっと思っていたので、
棚を増設して、入れ替えました。

親がやってることって、子供は興味津々。
さっそく本を取り出して見ていました。
でも、しまってはくれないんですよね〜。
by imakokode | 2007-02-18 01:54 | よみきかせ
今年最初のよみきかせ
b0081987_15143896.jpg


低学年向けの放課後のよみきかせ、
昨日が今年の初回でした。

「しょうぼうじどうしゃ じぷた」
「みんなのベロニカ」
「もこ もこ もこ」
と続いて、私が最後に
「てぶくろ」
を読みました。

「てぶくろ」
って古典中の古典、というか
よみきかせ本の王道中の王道というか、
はずれがないというか、
こどもたちもみんな知ってるお話なので、
表紙をみただけで
「知ってる〜」「学校にあるよー」と盛り上がるこどもたち。
読んでいても楽しいです。
by imakokode | 2007-01-17 12:40 | よみきかせ
放課後のよみきかせ
小学校の読書週間中、
授業が始まる前のよみきかせボランティアの募集にあつまった、
ことから始まった,私たちのよみきかせの会。
放課後に低学年によみきかせをさせてもらうことにして、
今日が第二回目。
小学校の図書館で。

私は前回は読まずに聴いていたが、
今日は読みました。
クリスマス前ということで用意したのが
「ぐりとぐらのお客様」

こどもたちが小さいころに
この本、いったい何度読んだことだろう。
ぐりぐらシリーズは、大好きで
当時はどれも暗唱できるほど読んだ。
何年ぶりかで読んでも、
すらすらと口をついてことばが出てくる。

こどもに本を読んでやる時間って、
こどもにとってだけでなくて、
読むおとなにとっても宝物だったんだなあって
しみじみおもう。
by imakokode | 2006-12-12 20:41 | よみきかせ


カテゴリ
リンク
フォロー中のブログ
以前の記事
最新のトラックバック
熊本買い物部隊のおみやげ
from 裏きょこ日記
海外旅行
from ひだまりミュゼ photo..
進路変更
from ンミヌパナ  咲いた♪♪
美味しいコーンブレッド
from 裏きょこ日記
iPhoneのアプリケー..
from ひだまりミュゼ photo..
Abobe Illust..
from ひだまりミュゼ photo..
悪戦苦闘中…
from ひだまりミュゼ photo..
【キラちゃん当番INころ..
from ☆MY SWEET BAYS..
花見
from 花見
おいもほり
from ひだまりミュゼ  sumai +
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧